説明会レポート

長野県建設業協会長野支部説明会

説明会レポート

導入事例 写真

長野支部がある長水建設会館

2014年2月5日(水) 長野市にある長水建設会館にて、長野県建設業協会長野支部 第2回新規排出事業者向け説明会が行われました。

その中で弊社会員企業、株式会社本久の高川様より「電子マニフェストWebサービスイーリバースドットコム」の導入事例をご紹介頂きましたので、その内容についてレポートします。

講習会には長野県建設業協会長野支部の会員企業様でまだイーリバースドットコムをお使いでない会員様16名が参加されました。

 

電子マニフェストの導入事例発表 (株式会社本久 高川様)

導入事例 写真

JR長野駅 東京から新幹線で約1時間半

私から、処理業者側の視点から、電子マニフェストの導入状況や、メリット/デメリットなどについて、お話させて頂きます。

まず、弊社が電子マニフェストを導入したのは2011年のことで、JWNETとイーリバースドットコム、両方同時に加入致しました。

現在では月間100枚~200枚、年間1500枚前後のの電子マニフェストを私一人で処理しており、、もしこの枚数を紙のマニフェストで処理しようとしますと、私一人では処理しきれない業務量となります。

導入事例 写真

説明会の様子

皆様ご存知かと思いますが、紙マニフェストの7枚ある帳票のうち、運搬業者として5年間保管する分と、排出業者へ送り返す分、また処分業者としても5年間保管する分と、同じく排出業者へ送り返す分、これを郵送する費用や手間、ファイリングする為の時間は、相当な業務量でした。

電子マニフェストにする事で、この管理業務はほぼ無くなったと言えます。

パソコンの画面で、運搬終了の報告や処分終了の報告が上げられるので、排出業者へマニフェストを送り返す業務は無くなります。

また、JWNETが5年間データを保管しますし、データを検索したり集計したりできますので、保管スペースが無くなり、履歴を見るのも非常に楽です。

業務効率化という視点で、非常に大きなメリットがあり、電子マニフェストは、無くてはならないものとなりました。
紙のマニフェストに割いていた時間を、別の業務に充てる事ができるようになり、とても助かっています。

さらに、マニフェストの紛失や記入漏れ、保管漏れも無くなります。
本来は紙マニフェストを紛失すると、排出業者様側に罰金や懲役がありますが、処理業者側でのミスが原因であった場合、どう責任を取るか頭を悩まされる問題です。
そういった法的な危険を回避する事ができるのも大きなメリットです。

年々、排出業者様への法的な拘束が強まっていると聞いております。
安全にマニフェストを管理する為には、ぜひマニフェストの電子化をご検討頂けたらと存じます。

ここまでメリットについてお話致しましたが、デメリットについてもお話致します。

まずは料金についてですが、JWNETとイーリバース、それぞれの利用料金があります。
弊社では、先程お話したような、業務量が減った事と比べ、大した金額では無いと判断し導入致しました。

続いては、電子マニフェストの未加入業者についてです。
必ず、排出、運搬、処分の各社が、JWNETに加入しなければ、電子マニフェストは出来ません。
未加入の業者がいれば、紙のマニフェストでしか運用出来なくなります。

各業者がパソコンや、インターネット回線が必要になりますし、操作も覚えなければなりません。

デメリットに関してはこの2点があるかと存じますが、環境省や国交省は、将来、電子マニフェスト義務化に向けた方針を出していますので紙のマニフェストでは、仕事が出来なくなる事もあると思います。

長野県でも電子マニフェスト加入者数が今までになく増えてきているそうですので、もし電子化をご検討されるのであれば、今はちょうど良い時期の様に思います。

また、JWNETの操作は難しいので、皆さん苦手意識を持ちやすいのですが、イーリバースドットコムを仲介すると、簡単に操作できるようになります。

私共としましてもイーリバースドットコムは使い慣れておりますので、ご検討頂けると幸いに存じます。

 

質疑応答

Q:電子マニフェストの必須条件は、JWNETの加入という事でよろしいでしょうか?
 A:その通りです。

Q:という事は、排出業者だけがJWNETとイーリバースドットコムに入れば運用できますか?
 A:排出事業者様のみの加入では、ほぼJWNETと同じ運用になる為、運搬まではご加入頂くのがよろしいかと思います。
   処分は、紙マニフェストと一元管理したいのであれば加入した方が良いです。

→ 導入事例一覧を見る

最新の説明会レポート

検索中