サービスブログ

産業廃棄物の「鉱さい」とは

廃棄物処理法で定める産業廃棄物の種類の一つに、「鉱さい(スラグ)」があります。あまり耳なじみのない言葉であり、また一口に鉱さいと言っても、その種類や分類は複数あるため、詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、鉱さいの概要や発生条件、その処理方法などについて、詳しく解説していきます。

1. 鉱さい(スラグ)とは?

鉱さいとは、鉄やニッケル、クロムといった鉱物を精錬する際などに生じる、目的成分以外の溶融物資のことです。スラグとも呼ばれており、ごみなどを焼却施設で処分したときに発生する廃棄物加熱溶融起源のものや、鋳造製品の鋳型として使われた「鋳物砂」なども鉱さいの一種に含まれます。環境省が発表する「産業廃棄物の排出及び処理状況等」では、年間の排出量は1324万トン、産業廃棄物全体に占める割合は3.5%となっています。

鉱さいの発生条件

鉱さいは、鉱物を精錬する際に発生します。例えば製鉄の工程では、鉱物が高温で溶融し液状になり、比重によってその表面に不純物が分離します。この不純物は、最終的には冷却され、石や砂のような鉱さいとなって排出されるのです。

鉱さいの種類

鉱さいは大きく分けて鉄鋼スラグと非鉄金属スラグの2種類の分類があります。さらに鉄鋼スラグは、銑鉄を製造する際に出る高炉スラグと、鋼を製造する際に出る製鋼スラグに分けられます。非鉄金属スラグでは、フェロニッケルスラグと銅スラグなどが代表的な鉱さいです。

2. 鉱さいの処理方法

政令指定産業廃棄物の一つである鉱さいは、廃棄物処理法に則り適切に処理する必要があります。では、鉱さいの処理方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

鉱さいの流れ

鉱さいを処理する場合、管理型最終処分場で処分されるのが一般的です。ただし、鉱さいに有害物質が含まれる場合は、遮断型最終処分場で処分する必要があります。なお、最初から有害物質の混入を防ぐことで、鉱物資源の代替物にリサイクルすることが可能です。

路盤材としてのリサイクル

路盤材とは、アスファルトやコンクリートの路面の下に敷かれる石や砂利のことです。道路を敷設する時には、規格に則った強度と粒度の石や砂利で、地盤への荷重を調整する必要があるのです。鉱さいは石や砂利に外見面でも性質面でもよく似ているため、路盤材に用いてリサイクルすることができます。
一方、鉱さいの成分によっては有害物質が溶出する恐れがあり、土壌環境基準の問題が生じる可能性がなくはないため、慎重に進める必要があります。

セメント原料としてのリサイクル

近年は、電気炉などから排出された鉱さいをセメント原料としてリサイクルするケースが増えています。セメント原料である粘土や珪石の代わりに、成分が適した鉱さいを使用するのです。セメント原料にすると鉱さいの有害物質溶出のリスクはないため、安心してリサイクルすることができます。

3. まとめ

一般的には耳なじみのない鉱さいですが、路盤材やセメント原料などにリサイクルされる、再生利用率の高い産業廃棄物となっています。鉱さいを処理する際は、管理型最終処分場などでの処分かリサイクルを選択し、適切に処理するようにしましょう。

▲先頭へ戻る

最新のサービスブログ

検索中