よくあるご質問

e-reverse.comのアンインストールを行う。

e-reverse.comをアンインストールしてください。

1.e-reverse.comを閉じ、PC画面左下の「スタート」ボタンから「コンピューター」をクリック。
 ※エクスプローラーやタスクバーにあるフォルダのアイコンを開いていただいても同じです。

2.Cドライブ(C:)をクリックし、以下の順番でフォルダを開く。
 ①ユーザー
 ②<お客様がパソコンにログインしているユーザー名>
  ※ユーザー名が見当たらない場合は、お手数ですが他のフォルダの中身に③以降がないかをご確認下さい。
 ③Appdata
  ※最初は表示されていない場合があります。表示方法はこちら
 ④Local

3.④で開いたLocal内の「Apps」フォルダの上で右クリックしフォルダごと「削除」をしたら、
 再度e-reverse.comの起動をお試しください。

フォルダのパスはこちら
 C:ユーザー<お客様がパソコンにログインしているユーザー名>AppdataLocalApps

※C:部分はOSがインストールされているドライブです。OSがインストールされているドライブがC:ではない場合は、
 実際にインストールされているドライブです。
※e-reverse.com以外にClickOnce(e-reverse.comが採用しているアプリケーション方式)アプリケーションを
 ご使用の場合は上記フォルダに格納されておりますが、
 e-reverse.comのみを特定して削除する事はできませんので予めご了承ください。

Appdata表示方法

【前提】AppDataがあるはずのところまで開いたフォルダにて以下を行う。
◆Windows 7
  1.ウィンドウ左上部の「整理」ボタンをクリックし、「フォルダと検索のオプション」をクリック。

4-①②

  2.「表示」タブ内の「ファイルとフォルダの表示」の
     「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェック。  
     「適用」ボタンをクリック後「OK」をクリックし前の手順に戻る。

4-③④⑤⑥

◆Windows 8.1・10 
  1.「表示」タブ内の右上部の「オプション」をクリック。
  2.「表示」タブ内の「ファイルとフォルダの表示」の
  「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」)にチェック。 
  3.「フォルダオプション」の「適用」を押して「OK」で閉じ、前の手順に戻る。

 

→アンインストールを行っても改善しない場合はこちら

戻る

サポート・お問合せ トップページへ

検索中